民俗・風習

43件中 21-30件目
運をひらく季節の作法

暦のある豊かな暮らし運をひらく季節の作法

西敏央(著)

「一生懸命やっているのにうまくいかない」「なんだか運に見放された感じがする」「イヤなことばっかり続く」……そんなときパワースポットや開運グッズに頼らなくたって、運気を上げる方法はあります。それは暦に寄...続き

ISBN978-4-413-03876-8
定価1430円(本体:1300円)
出版年月日2013年4月5日
日本人はなぜそうしてしまうのか

お辞儀、胴上げ、拍手…の民俗学日本人はなぜそうしてしまうのか

新谷尚紀(著)

私たちがふだん何気なくやっていることでも、ちょっと考えてみると不思議な習慣が少なくない。笑う、泣く、食べる、謝る、挨拶する、見る…。これらの“動詞”を通して分析すると、あらたな「日本人像」が見えてくる...続き

ISBN978-4-413-04375-5
定価848円(本体:771円)
出版年月日2012年10月15日
タグ:
/
吉本隆明の下町の愉しみ

吉本隆明の下町の愉しみ日々を味わう贅沢

吉本隆明(著)

素顔の吉本隆明を切り取った珠玉のエッセイ集! ・精養軒のビア・ガーデンから眺める夏の夜の不忍池・妻と小さき娘を連れて訪れた居酒屋・餅つきで一年がはじまる新佃島の長屋生活・浅草観音のおみくじの「兇(きょ...続き

ISBN978-4-413-04372-4
定価933円(本体:848円)
出版年月日2012年9月15日
タグ:
日本人 祝いと祀りのしきたり

日本人 祝いと祀りのしきたり

岩井宏實(著)

◎仕事始め─「ケ」の日におこなわれる予祝儀礼 ◎雛祭─向かって右が男、左が女の内裏雛 ◎虎が雨─五月二十八日には必ず雨が降る ◎土用─「気」が盛んになる十八日間 ◎亥子祭─『源氏物語』にも見られる産育...続き

ISBN978-4-413-04351-9
定価901円(本体:819円)
出版年月日2012年3月15日
2012 日本人のしきたり手帳

2012 日本人のしきたり手帳

飯倉晴武(監修)

お祝い、贈答、季節の行事、訪問、突然のお悔やみ…こんなときどうする? いくら包む? シリーズ150万部のベストセラーの“使える”手帳が、コンパクトサイズになって、ますます便利になった!...続き

ISBN978-4-413-11037-2
定価1026円(本体:933円)
出版年月日2011年11月1日
外から見えない暗黙のオキテ 関東のしきたり 関西のしきたり

外から見えない暗黙のオキテ 関東のしきたり 関西のしきたり

話題の達人倶楽部(編)

エスカレーターで立つのは右? 左? ところてんは酢醤油? 黒みつ? 灯油タンクの色は赤? 青?…などなど、関東と関西の違いを徹底解剖。しきたり、食、心理、言葉、しぐさ、習慣…歴史的背景や県民性がまるご...続き

ISBN978-4-413-09518-1
定価713円(本体:648円)
出版年月日2011年8月20日
タグ:
/
奈良の祭事記

日本人の心の原点をたどる!奈良の祭事記

岩井宏實(著)

[一月]大神神社の御神火まつり、[二月]法隆寺の鬼追い、[三月]東大寺のお水取り…麗しの都・倭の人々は1300年の長きに渡って、我々に何を遺してきたのか!日本人なら知っておきたい奈良の祭事78を歩く発...続き

ISBN978-4-413-04254-3
定価924円(本体:840円)
出版年月日2009年11月15日
祇園のしきたり

大人の教養を愉しむ祇園のしきたり

渡辺憲司(監修)

日本屈指の花街・京都祇園。舞妓・芸妓・お茶屋、そしてお客が織りなす独特のお座敷文化とは、一体どんなものなのか。この本で、その歴史と伝統、風情と魅力をあなたも是非、一度体験してみてください。...続き

ISBN978-4-413-04242-0
定価847円(本体:770円)
出版年月日2009年7月15日
43件中 21-30件目