切り身なのになぜ刺身?

知っているようで知らない日本語の秘密切り身なのになぜ刺身?

語源の謎研究会(編)

ISBN13桁978-4-413-21154-3
ISBN10桁4-413-21154-5
CコードC0281
判型新書判
ページ数288ページ
定価1210円(本体:1100円)
初版年月日2019年12月25日

内容紹介

日常で何気なく使っている言葉にも、よくよく考えてみると謎に満ちた言葉が多数ひそんでいるもの。たとえば、「刺身」という言葉。「刺身」は、明らかに「切り身」なのになぜ「刺身」というのか?あるいは、「赤の他人」という言葉。「赤の他人」は、どうして青でも黒でもなく「赤」なのだろうか?そのような疑問を解決するには、語源を辿るのが一番!「切り身」なのに「刺身」というのも、「赤の他人」が「赤」なのも、語源を知れば納得の理由があるのです。本書では、
◎「思う壺」ってどんな“壺”?
◎蒸して売るのになぜ「焼売」?
◎母親はなぜお袋という?
など、読んだら思わず誰かに話したくなる702語の語源を紹介しています。

編者紹介