薬は減らせる!

薬は減らせる!いつもの薬が病気・老化を進行させていた

宇多川久美子(著)

ISBN13桁978-4-413-04577-3
ISBN10桁4-413-04577-7
CコードC0277
判型新書判
ページ数192ページ
定価1037円(本体:960円)
初版年月日2019年8月15日

内容紹介

その薬は本当に必要なのか? 今や、高齢者(75歳以上)の約40%が1日に5種類以上の薬を、25%が7種類以上の薬を飲んでいるといわれています。特に高齢者の場合、6種類以上の薬を飲む「多剤服用」がかえって身体に悪影響を及ぼすことが問題になっています。なかには必要な薬もありますが、本当はいらない薬、ムダな薬があるとしたら、減らすに越したことはありません。「薬を使わない薬剤師」として活動する著者が教える、薬に頼らない実践ヒント。

著者紹介