故事・ことわざ・四字熟語 教養が試される100話

故事・ことわざ・四字熟語 教養が試される100話

阿辻哲次(著)

ISBN13桁978-4-413-09675-1
ISBN10桁4-413-09675-4
CコードC0181
判型文庫判
ページ数224ページ
定価907円(本体:840円)
初版年月日2017年7月20日

内容紹介

知ればますます面白い!本物の語彙力。

「画に描いた餅」の〝餅〟をお正月のモチと思っていませんか?「覆水は盆に返らず」の〝盆〟を〝おぼん〟と思っていませんか?
使い方や意味がわかっていても、その言い方の由来をきちんと把握している人は意外と少ないものです。故事成語、ことわざ、四字熟語、慣用句にまつわる日本人が知ってて知らなかったエピソードが満載の一冊。

◎酒造り職人のリーダーはなぜ「杜氏(とうじ)」と呼ばれるのか
◎かつては勉強ができる人=「秀才」ではなかった!?
◎「檄(げき)をとばす」とは文書を送ることだった!?
◎「孟母三遷」を生んだ元祖・教育ママの悩みとは
◎「酒池肉林」って男女の淫らな宴会? でも実は…
◎意外!「折檻(せっかん)」は誠意ある行動に由来していた

…つい人に話したくなる奥深い日本語読本。

著者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫あり

BIGtomorrow

毎月25日発売
2017年10月号No.448

最新刊2017年10月号

【総力特集】 つまらない仕事ががぜん面白くなる「働き方」改革
池上彰×佐藤優 つまらない仕事ががぜん面白くなる「働き方」改革
将来それ1本で食べていける「副収入」の作り方
小林弘幸監修 疲れが100%とれる休み方
皮ごと食べられる「奇跡のバナナ」―99%を不可能にした秘密に迫る
「いい質問」をする人の聞き方の法則
眠っていた脳が高速回転し始める「手書き」の習慣
仕事がデキる人はなぜ「大股歩き」なのか?
…ほか
  • 8月25日発売
  • 特別定価690円(本体639円)
  • 目次
  • バックナンバー
  • 年間購読について
  • 月刊「BIG tomorrow」電子版のご案内

BIGtomorrow増刊・別冊

2017年10月この3銘柄で年100万円稼ぐ!株の持ち方・組み合わせ方

最新刊ビッグ10月号増刊

この3銘柄で年100万円稼ぐ!
の持ち方・組み合わせ方
  • 目次
  • バックナンバー