がんは人生を二度生きられる

がんは人生を二度生きられる

長尾和宏(著)

ISBN13桁978-4-413-11168-3
ISBN10桁4-413-11168-0
CコードC0030
判型B-6変型
ページ数192ページ
定価1100円(本体:1000円)
初版年月日2016年5月10日
タグ:

内容紹介

がんになっても、6割は10年後も生きています。「5年生存率」は、大腸・乳がん9割、胃がん7割、がん全体で約69%まで上がっています。しかし「がん告知=死の宣告」というイメージはまだまだ強く、ほとんどの人はパニックに陥ってしまいます。「近藤誠理論」(がんは放置すべし)を信じこみ、完治のチャンスを逃す人が後を絶たない中、「極論に走らない、患者目線の本質論」で信頼される尼崎の町医者が、がん宣告を受けたらまず何を知り、どう考えれば正しい選択ができるかをわかりやすく語った、2時間で読める本です。「『がんになったら終わり』ではありません。『新たな人生の幕開け』なのです」----長尾和宏より

著者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub
  • ヨドバシドットコム

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫あり
電子書籍があります 電子書店でご購入いただけます
  • amazon
  • iBooks
  • Rakutenkobo
  • honto
  • BookLive