10代の子には「親の話し方」を変えなさい

アドラー博士が教える10代の子には「親の話し方」を変えなさい「思春期の心」をひらく言葉

星一郎(著)

ISBN13桁978-4-413-03861-4
ISBN10桁4-413-03861-4
CコードC0037
判型4-6判ソフトカバー
ページ数192ページ
定価1430円(本体:1300円)
初版年月日2012年11月5日
タグ:
/

内容紹介

「うるさい!」「別に」「…(無視)」が返ってくるのは“反抗期だから”ではありません。実は、親の話し方が問題だったのです!子どもが思春期に入ったら、残念ながら「子育て」は終わり。これからは「子つきあい」と気持ちを切り替えてください。子どもを「しつける」という親の話し方を子どもはかたくなに拒否します。親から自立しようとしている子と「つきあう」という感覚が必要なのです。6つの話し方ポイントを知るだけで、親子関係がみるみる良くなる一冊。

著者紹介