「はずれ先生」にあたったとき読む本

保育園・幼稚園・小学校・塾…「はずれ先生」にあたったとき読む本ちょっとした親の対応で、みるみる変わる!

立石美津子(著)

ISBN13桁978-4-413-03915-4
ISBN10桁4-413-03915-7
CコードC0037
判型4-6判ソフトカバー
ページ数224ページ
定価1404円(本体:1300円)
初版年月日2014年5月5日

内容紹介

相性の悪い先生、新人先生、えこひいき先生、きついことを言う先生、親の意見に耳を傾けない先生…保育園や幼稚園、小学校のような親が先生を選べない場合、「ハズレ」にあたってしまったら、どうしたらいいのでしょうか? 幼児教育のエンピツらんどの創業者として、「教える側」の先生たちを多く見てきた著者はまた、自閉症児をかかえる親として「教わる側」の立場でもある。その多くの体験から、担任の先生の対処法と、塾や習い事など、選べる先生の見極め方まで、大事なわが子のためにできることは何か。あますところなく書き下ろした。

著者紹介