大阪の逆襲

大阪の逆襲万博・IRで見えてくる5年後の日本

石川智久(著)/ 多賀谷克彦(著)/ 関西近未来研究会(著)

ISBN13桁978-4-413-04594-0
ISBN10桁4-413-04594-7
CコードC0236
判型新書判
ページ数224ページ
定価990円(本体:900円)
初版年月日2020年6月15日

内容紹介

2025年の万博開催、IR(統合型リゾート)誘致、「スーパーシティ構想」など、ビッグイベントや大型の開発案件が待ち受けている大阪。
米国の総合不動産サービス大手JLLが2019年に発表した「都市活力ランキング」で、世界131都市のうち第1位に輝いた*。
また、大阪から半径50km圏内には、最先端の科学設備とトップクラスの科学者が集結しており、近年ではイノベーションの理想郷としても呼び声が高い。
大阪周辺のリアルを紐解くと、日本の明るい未来が見えてくる!

第1章 なぜいま、大阪周辺がアツいのか?
第2章 IR(統合型リゾート)のインパクト
第3章 スーパーシティ構想とは何か
第4章 「2025年問題」と関西
第5章 大阪だからこそ創れる「もうひとつの未来」

*「都市活力ランキング」第1位 出典:総合不動産サービスJLL(ジョーンズ ラング ラサール株式会社)による年次レポート「2019年版 シティ モメンタム インデックス(CMI)」商業用不動産のモメンタム

著者紹介

著者紹介

著者紹介