AI時代に「頭がいい」とはどういうことか

AI時代に「頭がいい」とはどういうことか

米山公啓(著)

ISBN13桁978-4-413-04550-6
ISBN10桁4-413-04550-5
CコードC0247
ページ数192ページ
定価994円(本体:920円)
初版年月日2018年8月15日

内容紹介

「頭がいい」常識が変わった! AIが碁や将棋で人間に勝利し、多くの仕事がAIに取って代わられようとしている時代。人間らしい「頭のよさ」とは何か? どんなにAIが進歩しても必要とされ続ける「頭のよさ」とはどういうものか? 現役の脳神経内科医が、自らの臨床経験や最新の脳科学研究等をもとに、これからの時代に求められる頭の鍛え方、能力の磨き方を指南する一冊。

著者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫あり