暮らしの中にある「宮中ことば」

「おむすび」は神さまとの縁結び!?暮らしの中にある「宮中ことば」雅な表現から知る言葉に込められた想い

知的生活研究所(著)

ISBN13桁978-4-413-09698-0
ISBN10桁4-413-09698-3
CコードC0181
判型文庫判
ページ数192ページ
定価799円(本体:740円)
初版年月日2018年6月20日

内容紹介

今も私たちが使っている「おむすび」という言葉。
その昔、宮中でも「おむすび」と呼ばれ、その語源は諸説ありますが、神さまの力を授かるためだったともいわれています。
宮中などで使われていた、上品で雅な言葉。
じつはその心は今も息づいています。
例えば「おみおつけ」「おひや」「おめしもの」。「みそ汁」「水」「服」よりも、品よく優雅に聞こえます。
女房ことばや御所ことばといわれる雅な言葉の中から、時代が進んでも使われ続けている言葉など、美しく品のある “雅な表現”の数々を紹介!
元号が変わる時に知っておきたい、皇室にまつわる言葉も特別付録としてつけました。

著者紹介