被害者のふりをせずにはいられない人

被害者のふりをせずにはいられない人

片田珠美(著)

ISBN13桁978-4-413-04540-7
ISBN10桁4-413-04540-8
CコードC0211
判型新書判
ページ数192ページ
定価1069円(本体:990円)
初版年月日2018年5月15日
タグ:
/

内容紹介

いい人から怖い人へ。なぜ、ある日突然、豹変するのか。職場、家庭、友人、SNS…やっかいな人たちとその対処法を人気精神科医が明かす。

【こんな“被害者ぶる人”から身を守れ】
●上司から遅刻をとがめられ「パワハラだ」と逆ギレ
●女性から食事の誘いを断られ、ストーカー化。根も葉もない噂を流す
●自己保身のために、相手の非をあげつらう
●不倫が報じられた芸能人を活動自粛に追い込む。その深層心理とは?
●“被害者ぶる人”と“リアル被害者”を混同するな

「被害者ならば何をしても許される」――そう思い込んで被害者のふりをする人が、いま社会に蔓延している。
必ずしも自分が実際に被害を受けたわけではないのに、あたかも被害者であるかのように装い、まわりの人々を味方につけて誰かを攻撃する。
〝被害者ぶる人〟のターゲットにされると、いつの間にか立場が入れ替わって、こちらが悪者にされかねない。
その結果、心を病んでしまうことも…。
〝被害者ぶる人〟たちは、なぜ自分が被害者であるかのように装うのか?

著者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫あり
電子書籍があります 電子書店でご購入いただけます
  • amazon
  • iBooks
  • Rakutenkobo
  • honto
  • BookLive