「太陽の塔」新発見!

「太陽の塔」新発見!岡本太郎は何を考えていたのか

平野暁臣(著)

ISBN13桁978-4-413-04536-0
ISBN10桁4-413-04536-X
CコードC0295
判型新書判
ページ数260ページ
定価1080円(本体:1000円)
初版年月日2018年4月1日

内容紹介

2018年3月19日、塔内一般公開を契機に、再び世間の耳目を集める《太陽の塔》。我が国最大の芸術作品にして最も知名度の高いパブリックアートだが、それを取り巻く数々の物語についてはほとんど知られていない。
本書は、構想段階から現在にいたる太陽の塔の実相をさまざまな角度から取り上げ、単なる“巨大彫刻”との見方に終わらない《太陽の塔》の新しい鑑賞眼を養う種々の知見を提供する。
岡本太郎の最高傑作はいかにして生まれたのか、万博会場でなにがあったのか、その後どんな運命をたどったのか──などを楽しく、わかりやすく解説していく。再生された内部、新規撮影のカラー口絵付き。

著者紹介