西郷どんと篤姫

知られざる幕末維新の舞台裏西郷どんと篤姫

中江克己(著)

ISBN13桁978-4-413-09682-9
ISBN10桁4-413-09682-7
CコードC0121
判型文庫判
ページ数208ページ
定価896円(本体:830円)
初版年月日2017年11月20日

内容紹介

薩摩藩主・島津斉彬に見出されながらも、維新の動乱の中、相反する運命をたどる、倒幕の旗手・西郷隆盛と13代将軍徳川家定の正室・天璋院篤姫。生涯でたった一度の出会いながら深い縁(えにし)で結ばれた、二人の知られざる絆に迫ります。2018年度NHK大河ドラマがグンと面白くなる一冊。     
第一章 斉彬に見出された二人 
第二章 吉之助、篤姫の輿入れに奔走する 
第三章 島での潜居と新しい時代のうねり 
第四章 篤姫と皇女和宮の和解 
第五章 生涯たった一度の面談 
第六章 吉之助の最期と篤姫の晩年

著者紹介