新島八重の維新

新島八重の維新

安藤優一郎(著)

ISBN13桁978-4-413-04360-1
ISBN10桁4-413-04360-X
CコードC0221
判型新書判
ページ数224ページ
定価843円(本体:781円)
初版年月日2012年6月15日
タグ:
/ /

内容紹介

幕末戊辰戦争新政府軍に対し、鶴ケ城から最新のスペンサー銃を持って戦った女性がいた。後に同志社大学創設者新島襄の妻となる「山本八重」である。維新後、封建的風潮の残る中、男女平等を望む八重の生き様は世間から「悪妻」と罵られるが、夫襄は「ハンサム・ウーマン」と称した。日清・日露戦争時には篤志看護婦として従軍する。八十六年の八重の生涯通じ、歴史の敗者になった者たちの視点から新たな幕末・明治像を描く。

著者紹介