この一冊で江戸と東京の地理がわかる!

この一冊で江戸と東京の地理がわかる!

正井泰夫(監修)

ISBN13桁978-4-413-10982-6
ISBN10桁4-413-10982-1
CコードC0025
判型B-6軽装判
ページ数208ページ
定価524円(本体:476円)
初版年月日2010年7月5日

内容紹介

◎江戸の「町」の読みはマチ? それともチョウ? ◎都内の道路混雑の元をつくった張本人は、徳川家康 ◎実は「銀ブラ」は銀座をブラブラすることではなかった! ◎「吉祥寺」というお寺が吉祥寺になく、文京区にあるワケは…なるほど、そんな由来があったのか! 江戸の「町」から東京の「街」へ、変わり続ける東京の「地理」のとっておきのネタをギッシリ。

監修者紹介