図説 江戸城の見取り図

図説 江戸城の見取り図失われた「天守閣」から「大奥」の人間模様までが蘇る

中江克己(著)

ISBN13桁978-4-413-04262-8
ISBN10桁4-413-04262-X
CコードC0221
判型新書判
ページ数192ページ
定価979円(本体:890円)
初版年月日2010年1月15日

内容紹介

神田川、隅田川を取り込んだ巨大な外郭、内郭の広さ三十万七千坪、本丸御殿一万一千坪。江戸城は幕府政庁の場であり、将軍の生活の場だった──。徳川家康の江戸入国以来、およそ五十年におよぶ歳月をかけて完成された、広大な江戸城の全貌とは。江戸城を鳥瞰的に見る見取り図と、残された図面、いまもなおその姿を残す城門や櫓の写真などから、「江戸城」のすべてに迫る。

著者紹介