歴史・地理

467件中 1-10件目
失われた世界史

失われた世界史封印された53の謎

歴史の謎研究会(編)

本書は、世界史の「あの事件」「あの人物」「あの騒動」に隠された謎に深く分け入り、その痕跡をたどっていく。 ◇ジャンヌ・ダルクの謎  ――新発見!? 乙女の指輪がたどった流転の運命 ◇ケネディ...続き

ISBN978-4-413-09697-3
定価961円(本体:890円)
初版年月日2018年5月20日
歴史の生かし方

歴史の生かし方一流はそこから「何を」学ぶのか

童門冬二(著)

一流は歴史に「何を」学ぶのか──ただ漫然と向き合っていても何も得られない。組織の、リーダーとしての、そして自分自身の「壁」を打ち破り、血肉となる歴史との向き合い方とは?  東京都庁の元・局長として、...続き

ISBN978-4-413-04541-4
定価994円(本体:920円)
初版年月日2018年5月15日
パワースポットの幸運ガイド

誰もが知りたくなる!パワースポットの幸運ガイド

世界の不思議を楽しむ会(編)

なぜ、そこは「神聖な場」となったのか。「癒しの土地」となったのか……。山、島、遺跡、神社・仏閣など、人智を越えた<パワー>の謎と秘密に鋭く迫る。日本全国、世界各地のパワースポットを網羅し、その地にまつ...続き

ISBN978-4-413-09695-9
定価961円(本体:890円)
初版年月日2018年4月20日
図説 あらすじと地図で面白いほどわかる!	源氏物語

図説 あらすじと地図で面白いほどわかる!源氏物語

竹内正彦(監修)

登場人物およそ450人、詠まれた歌795首。70年にもおよぶ壮大な物語に永遠の命を吹き込んだ紫式部の真意とは…この一冊で、千年の愛の秘密を読み解きます。 序章 『源氏物語』とは何か 一章 光源...続き

ISBN978-4-413-04537-7
定価1372円(本体:1270円)
初版年月日2018年4月15日
「太陽の塔」新発見!

「太陽の塔」新発見!岡本太郎は何を考えていたのか

平野暁臣(著)

2018年3月19日、塔内一般公開を契機に、再び世間の耳目を集める《太陽の塔》。我が国最大の芸術作品にして最も知名度の高いパブリックアートだが、それを取り巻く数々の物語についてはほとんど知られていない...続き

ISBN978-4-413-04536-0
定価1080円(本体:1000円)
初版年月日2018年4月1日
運を開く 神社のしきたり

運を開く 神社のしきたり

三橋 健(著)

開運招福・延命長寿・商売繁盛…神様からご利益を頂いている人はいつも何をしているのか!神様に好かれる日々の習慣を、神道学博士が詳しく紹介。 第一章「神社」のしきたり─なぜ神社にお参りするとご利益がある...続き

ISBN978-4-413-04534-6
定価961円(本体:890円)
初版年月日2018年3月15日
経済で謎を解く 関ヶ原の戦い

経済で謎を解く 関ヶ原の戦い

武田知弘(著)

●なぜ家康は三成に挙兵する隙を与えたのか? ●なぜ家康はギリギリまで動かなかったのか? ●なぜ三成が西軍を率いることになったのか? ●なぜ三成は秀吉恩顧の大名から嫌われ、外様大名から慕われたのか...続き

ISBN978-4-413-04532-2
定価994円(本体:920円)
初版年月日2018年2月15日
「太陽の塔」岡本太郎と7人の男たち

48年目の誕生秘話「太陽の塔」岡本太郎と7人の男たち

平野暁臣(著)

2018年3月に予定される塔内一般公開を契機にふたたび世間の耳目を集めるであろう《太陽の塔》。 岡本太郎の最高傑作にして日本社会への強烈なメッセージを内包する大阪万博テーマ館は、若者たちの気概と情熱...続き

ISBN978-4-413-23071-1
定価1404円(本体:1300円)
初版年月日2018年2月5日
古代日本の実像をひもとく出雲の謎大全

古代日本の実像をひもとく出雲の謎大全

瀧音能之(著)

“神々の国”出雲で、その時何が起きたのか。『古事記』『日本書紀』『風土記』などの文献、「出雲大社」をはじめとする神社、神事、「神庭荒神谷」「加茂岩倉」など様々な遺跡……。あらゆる角度から、ヴェールに包...続き

ISBN978-4-413-11248-2
定価1080円(本体:1000円)
初版年月日2018年2月5日
467件中 1-10件目