二番手を生ききる哲学

二番手を生ききる哲学信念の武将・藤堂高虎が身をもって示したもの

童門冬二(著)

ISBN13桁978-4-413-03352-7
ISBN10桁4-413-03352-3
CコードC0095
判型4-6判ハードカバー
ページ数242ページ
定価1650円(本体:1500円)
初版年月日2002年7月10日

内容紹介

秀吉軍で功を成し、転じて家康の重臣となった藤堂高虎。周囲から処世上手・ゴマスリ名人とさげすまれようとも、戦国から江戸初期にかけての混乱期を、最後まで自分らしく生き抜いた武将の生涯を通じて、男の真の器量を問いかける、著者渾身の書き下ろし大作。

著者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub
  • ヨドバシドットコム

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫品切れ中