脳の寿命を決めるグリア細胞

脳の寿命を決めるグリア細胞

岩立康男(著)

ISBN13桁978-4-413-04637-4
ISBN10桁4-413-04637-4
CコードC0247
判型新書判
ページ数192ページ
定価1023円(本体:930円)
初版年月日2021年11月15日

内容紹介

グリア細胞とは、脳の80%を占める細胞のこと。
一般的に脳といえば「ニューロン」が脚光を浴びてきたが、じつは、メンテナンスをはじめ、思考や記憶、学習、情動…など、重要で、多岐にわたる働きを持つのは、”陰の立役者”ともいえるグリア細胞であった。このグリア細胞の脳における存在意義と役割を知らないと、誤った使い方をしやすく、どんどん脳の寿命を縮めてしまう――。
現役脳神経外科医が解説する、グリア細胞からみた新しい“脳の守り方”。

《目次》
第1章 脳はグリア細胞から老化する
第2章 脳はニューロンだけでは働けない
第3章 アストロサイト ~脳を陰で支配する~
第4章 オリゴデンドロサイト ~ニューロンの命運を握る~
第5章 マイクログリア ~脳内環境を整える~
第6章 神経幹細胞 ~グリア細胞・ニューロンに分化する~
第7章 集中系と分散系 ~脳の2つのネットワークを上手に使いこなす~
第8章 間違った脳の使い方が、老化を加速させる
第9章 精神的ストレスから脳を守る技術
第10章 グリア細胞から見た覚醒と睡眠
第11章 グリア細胞を護ることは、脳を守ること

著者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub
  • ヨドバシドットコム

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫あり