TOPICS一覧

531件中 91-100件目

産経新聞で『日本人のしきたり』が紹介されました。

パブリシティ

2017.5.29 【新聞】 産経新聞 2017年5月27日  『話題の本』 飯倉晴武 編著『日本人のしきたり』 「日本回帰」でミリオンセラー 若い読者も増え、再び「日本回帰」のきっかけとなる東京五輪に向け、 “しきたりの輪”はさらに広がりそうだ。

産経新聞で『知るほどに深くなる 漢字のツボ』が紹介されました。

パブリシティ

2017.5.22 【新聞】 産経新聞 2017年5月20日  『編集者のおすすめ』 円満字二郎 著『知るほどに深くなる漢字のツボ』 漢字とつくあうコツ、教えます 「送る」と「贈る」の正しい使い分けは? 書き順って誰が決めた? …など、バラエティーに富んだ、気になる疑問ばかり。 一読していただければ、漢字にまつわる“モヤモヤ”がきっとスッキリすることと思います。

静岡新聞で『大学生が狙われる50の危険』が紹介されました。

パブリシティ

2017.5.14 【新聞】 静岡新聞 2017年5月14日  株式会社三菱総合研究所/全国大学生活協同組合連合会/全国大学生協共済生活協同組合連合会著『大学生が狙われる50の危険』 一人で悩まず相談を 「就活性を狙い、就職講座などに勧誘し、高額な契約を結ばせる悪質な業者が増えている。」 「大学生がキャンパスライフで陥りがちなリスクをまとめている。」

日刊ゲンダイで『図解 毛細血管が寿命をのばす』が紹介されました。

パブリシティ

2017.5.12 【新聞】 日刊ゲンダイ 2017年 5/12号(5/11売) 『長生きする読書術』 根来 秀行 著『図解 毛細血管が寿命をのばす』 免疫力強化や認知症予防の鍵を握る毛細血管力 「血管の健康というと太い血管ばかりを意識しがちだが、各臓器の機能を維持して  疾患や老化を防ぐには、毛細血管力を高めることが不可欠なのだ。」

週刊新潮で『老後ぐらい好きにさせてよ』が紹介されました。

パブリシティ

strong>2017.5.10 【雑誌】 週刊新潮 2017年 5月18日号(5/10売 )『Bookworm』 書評ページ『Bookworm』にて、落語家・立川談四楼さんにご紹介いただきました。 野末陳平 著『老後ぐらい好きにさせてよ』 長い人生、いかに生きるか。老いを楽しむ知恵が満載 「老後をどう生きるかは我々の大きなテーマです。」 「面倒なことを避け、よく歩き、飄々

5月20日『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の著者・藤由達藏先生の講演会が開催決定!(終了)

イベント

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の著者・藤由達藏先生の講演会が、愛媛県男女共同参画センターで開催されます。 “10秒で行動する人”になる! 「すぐやる人」養成講座 in 愛媛 こんなお悩みありませんか? □わかっていてもなかなか行動にうつせない □いつもギリギリまで行動できない □やりたいことが沢山あって時間が足らない □自分が何をしたいのかわからない … 『

新潟日報で『2時間の学習効果が消える! やってはいけない脳の習慣』が紹介されました。

パブリシティ

2017.4.27 【新聞】 新潟日報 2017年4月27日  川島隆太【監修】/横田晋務【著】『2時間の学習効果が消える!やってはいけない脳の習慣』 スマホの使用で学力低下!? 「仙台市の標準学力調査の結果と生活習慣アンケートの結果から、スマホの使用時間が長いと  勉強時間を確保しても、学習効果が消えると考えられます。」 ※書影付き掲載

女性自身で『健診・人間ドックではわからない! かくれ高血糖が体を壊す』が紹介されました。

パブリシティ

2017.4.25 【雑誌】 女性自身 2017年 5/9・16合併号(4.25売) 池谷敏郎 著『かくれ高血糖が体を壊す』 「立ったまま食事」で糖を燃やそう! 「“血糖値、大丈夫だったから、甘いもの我慢しなくて平気!”なんて考えは甘いかも。  健康診断では見つからない“かくれ高血糖”の女性はなんと3人に1人!」

日経DUAL(WEB)に『「はずれ先生」にあたったとき読む本』の著者・立石美津子先生の記事が掲載されました。

パブリシティ

2017.4.25 【Web】 日経DUAL 【年齢別特集:小学校低学年のママ・パパ向け】 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』の著者・立石美津子先生が、 子どもの担任の先生と良い関係を築く上で心掛けたいポイントを解説しております。 “はずれ先生”に当たったら? 担任との付き合い方 1児の母であり、学習塾経営者として多くの保護者や子どもたちと接してきた立石美津子さんは「子育てに

531件中 91-100件目