パブリシティ

「ダイヤモンド・オンライン」で『被害者のふりをせずにはいられない人』片田珠美さんの記事が2掲載

ダイヤモンド・オンライン「ニュース三面鏡」で、『被害者のふりをせずにはいられない人』の著者・片田珠美さんによる興味深い記事が2つ掲載されています。
職場で、学校で、PTAで、コミュニティで、あるいは家庭内で… やっかいな、ときに、深刻ともいえる問題を振りまくこうした人は、いったい何を考えている人なんでしょう? そして、その対策は?

記事1 【「被害者ぶる人」増加中、巧妙な狙いを3分類で読み解く】 2018.6.13

・被害者ぶる人”は何のために被害者面をするのか。その目的によって、大きく3つのタイプに分けられる。
(1)利得を得たい「メリット型」
(2)注目を集めたい「スポットライト型」
(3)復讐したい「リベンジ型」”

記事2 【「被害者のふり」をして攻撃してくる人にはどう対処すればいいか】 2018.6.20

・被害者ぶる人”から身を守るための対処法を4つ提案したい。
(1)自分を厄介な相手と認識させる
(2)敬語で自分の身を守る
(3)一対一にならない
(4)ときには突き放す冷酷さが必要”

不用意に振り回され、理不尽な被害にあわないためにも必読です。より深く知るにはぜひ今回の著書を!