イベント

がん哲学外来10周年 出版記念講演会 5月31日に開催

記事画像
5月31日(木)19時より、お茶の水クリスチャンセンターで順天堂大学教授 樋野興夫先生による「がん哲学外来10周年 出版記念講演会」が開催されます。
入場無料。どなたでもご入場できます。

がん哲学外来10周年と、5月26日発売の新刊『大切な人ががんになったとき… 生きる力を引き出す寄り添い方』(樋野興夫著・青春出版社刊)の出版を記念したトークイベントです。
がん哲学外来とは、樋野先生が「医療機関では行き届かない、がん患者とその家族の精神的苦痛を緩和したい」と2008年よりスタートさせた、無料でできる対話の場です。
10年間で樋野先生は3000人を超える人と面談。
賛同者も増えて活動はどんどん広がり、がん患者とその家族が集まる対話の場「がん哲学外来・メディカルカフェ」が日本全国の教会や病院など、様々な場所で行われています。
「がん哲学外来・メディカルカフェ」は現在、約140カ所にまで増えています。



【日時】
2018年5月31日19時~21時


【会場】
御茶ノ水駅至近のお茶の水クリスチャンセンター 8階チャペル
http://ochanomizu.cc/


【定員】
150名

※予約なしでも入れますが、満席の場合、立ち見になる可能性があります。早めの予約をお願いいたします。

【予約方法】
申し込みフォームより予約してお席を確保してください。
http://www.seishun.co.jp/hino/

FAXメールでも予約可能です。下記シートを印刷し、必要事項を記入の上、送信ください

裏
FAX

チラシは以下よりダウンロードできます。
cihrashi

「がん哲学外来」ホームページ

http://www.gantetsugaku.org/