健康・医療

471件中 1-10件目
やってはいけない「脊柱管狭窄症」の治し方

世界的な脊椎外科医が教えるやってはいけない「脊柱管狭窄症」の治し方知ってほしい! 最新の医療と最強の知恵

白石建(著)

たとえば、こんな「脊柱管狭窄症」の真実を知っていますか? ●高齢者だけの病気と思っていたら大間違い ●「腰痛の一種」くらいに思っていると、危ない ●生活習慣の改善より大事なことがある ●「...続き

ISBN978-4-413-23100-8
定価1490円(本体:1380円)
初版年月日2018年9月30日
日本人の9割がやっている 間違いな選択

日本人の9割がやっている 間違いな選択

ホームライフ取材班(編)

人生は「選択」の連続。仕事や会社、伴侶を決めるといった、将来を左右する大きな決断もあれば、朝食はパンかご飯かなどという小さなチョイスもある。 日常は小さな「選択」の連続だ。例えば、エアコンは「冷房」...続き

ISBN978-4-413-21121-5
定価1080円(本体:1000円)
初版年月日2018年9月30日
「血液」の知らない世界

人体の不思議が見えてくる「血液」の知らない世界

未来の健康プロジェクト(編)/ 日本赤十字社(取材協力)

1日8トン、一生で24万トン。これは心臓が私たちの体の中に送り出す血液の量です。 酸素や栄養を運び、老廃物を流し、外敵と戦う力も持っている……。自分の体の中を縦横無尽に流れるものでありながら、知らな...続き

ISBN978-4-413-21118-5
定価1188円(本体:1100円)
初版年月日2018年9月25日
睡眠と覚醒 最強の習慣

かつてないほど頭が冴える!睡眠と覚醒 最強の習慣

三島和夫(著)

「8時間が理想」「成長ホルモンのために22時には寝たい」「体内時計は25時間で1日」「睡眠不足は休日の寝だめでリセット」「眠れなくても横になれば疲れがとれる」「寝つけなければヒツジを数える」…なんと、...続き

ISBN978-4-413-23101-5
定価1620円(本体:1500円)
初版年月日2018年9月25日
骨と筋肉が若返る食べ方

寝たきりを防ぐ「栄養整形医学」骨と筋肉が若返る食べ方

大友通明(著)

いくつになっても自分で歩ける体をつくるために運動は大切。でもそれ以前に、食事はもっと大切です。なぜなら骨や筋肉の材料は、食事を通して得られる栄養だから。例えば骨や関節に含まれる「コラーゲン」は、たんぱ...続き

ISBN978-4-413-04552-0
定価1026円(本体:950円)
初版年月日2018年9月15日
医者が教える女性のための最強の食事術

医者が教える女性のための最強の食事術女性ホルモンを味方につけた食べ方のススメ

松村圭子(著)

「はじめに」より抜粋―― 私はもともと、料理に苦手意識がありました。もちろん医学的な知識は持っていて、最新情報を得ることも好きで続けています。医者としてメディアから取材を受け「健康になるための食...続き

ISBN978-4-413-23098-8
定価1490円(本体:1380円)
初版年月日2018年9月1日
子どもの「集中力」は食事で引き出せる

子どもの「集中力」は食事で引き出せる

上原まり子(著)

スポーツで、勉強で…気を引き締めたい時に、気をゆるめる食べ物を与えていませんか? ◎「おやつにお菓子とジュース」で、集中力が途切れがちに ◎すぐ興奮する落ち着きがないタイプの子の「好きな食べ物」リ...続き

ISBN978-4-413-23097-1
定価1490円(本体:1380円)
初版年月日2018年9月1日
作りおき「野菜スープ」で老けない習慣

作りおき「野菜スープ」で老けない習慣

平野敦之(著)/ 森由香子(著)

男女問わず、からだと見た目の「老け」にはホルモンが大きく関係する。 更年期を境に、ガクッと老けてしまう人が多いのは、そのせいだ。 男性ホルモン・女性ホルモンを活性化するためには食のケアが欠かせない...続き

ISBN978-4-413-11266-6
定価1404円(本体:1300円)
初版年月日2018年8月1日
エタニティー・ビューティー

永遠の美を手に入れる8つの物語エタニティー・ビューティーNYの美のスペシャリストが教える「時間を止める」美容法

カツア・ワタナベ(著)

ある日偶然、化粧品メーカーに勤める美麗は、85歳の現役スーパーモデル・リルと出会う。美容の仕事をしながらも肌トラブルを抱え、仕事にも自分にも自信を失っていた美麗に、リルは今まで聞いたこともないような8...続き

ISBN978-4-413-23095-7
定価1512円(本体:1400円)
初版年月日2018年8月1日
ボケない人がやっている 脳のシミを消す生活習慣

ボケない人がやっている 脳のシミを消す生活習慣アメリカ抗加齢医学会“副腎研究”からの大発見

本間良子(著)/ 本間龍介(著)

「認知症など、脳神経の病気の原因は、脳にシミ成分(ゴミ、老廃物、毒素)がたまること。たとえば、アルツハイマー病は、脳内の老廃物・アミロイドβの蓄積によって引き起こされると言われています。ところが、脳に...続き

ISBN978-4-413-23096-4
定価1512円(本体:1400円)
初版年月日2018年8月1日
471件中 1-10件目