幻の地酒尽くし 利酒師が選ぶ蔵元の美酒

幻の地酒尽くし 利酒師が選ぶ蔵元の美酒

木村克己(監修)

ISBN13桁978-4-413-04067-9
ISBN10桁4-413-04067-8
CコードC0200
判型新書判
ページ数192ページ
定価825円(本体:750円)
初版年月日2003年8月15日

内容紹介

地酒といわれる土地の酒がある。10年前の吟醸酒を凍らせて貯蔵し凍結酒として出荷する蔵、一度日本酒を霧状にすることで究極の辛口酒を造り上げた蔵、仕込みから瓶詰めまですべての作業をたったひとりでこなす蔵、かつての酒造好適米を地元の農家とともに復活させた蔵、多くの文人に愛された古酒を造りつづける蔵・・・・・・。本書は、通や粋人たちが唸る酒を造り続ける酒蔵のなかから19蔵を厳選し、そうした日本酒の造り手たちの生の声を拾い、旨い酒を造りだすまでの、さまざまな物語に耳を傾けたものである。美味しい酒がより美味しく感じられる一冊である。

監修者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub
  • ヨドバシドットコム

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫品切れ中