図説 地図で迫る古代日本のルーツ!聖徳太子 遺された七つの謎

図説 地図で迫る古代日本のルーツ!聖徳太子 遺された七つの謎

千田稔(監修)

ISBN13桁978-4-413-09781-9
ISBN10桁4-413-09781-5
CコードC0121
判型文庫判
ページ数224ページ
定価1309円(本体:1190円)
初版年月日2021年7月20日

内容紹介

はたして聖徳太子とは如何なる人物だったのか!憲法十七条の冒頭「和を以て貴しとなし…」で古代日本のあり方を指し示した聖徳太子。仏教興隆の詔、遣隋使の派遣など、数々の事績は、本当に彼の手によって成し遂げられたものなのか!遺された七つの謎を通して、聖徳太子の虚像と実像に迫ります。2021年は聖徳太子1400年遠忌。本文2色刷り、カラー口絵付。文庫版、図説 地図とあらすじでわかる!シリーズ第7弾。

一、聖徳太子誕生の謎 
二、仏教保護の謎 
三、皇位継承の謎 
四、冠位十二階と憲法十七条の謎 
五、遣隋使の謎 
六、斑鳩遷居の謎 
七、聖徳太子死の謎

監修者紹介