日本人なら知っておきたい美しい四季の言葉

日本人なら知っておきたい美しい四季の言葉

復本一郎(著)

ISBN13桁978-4-413-09742-0
ISBN10桁4-413-09742-4
CコードC0181
判型文庫判
ページ数192ページ
定価814円(本体:740円)
初版年月日2019年12月20日

内容紹介

日本の季節にかかわる言葉って、いったいいくつくらいあると思われますか。二万語近くもあるのです。その中には、『古事記』『日本書紀』『万葉集』の時代から伝わっている言葉もありますし、昨日今日生まれたばかりの言葉もあります。それら二万語が、今日の日本の言葉として、私たちの生活の中に息づいているのです。千三百年以上も前の季節にかかわる日本の言葉を二十一世紀を生きる私たちが、今も使っているのです。
そのことに思いを馳せていただくならば、すごく浪漫に溢れたことだと、感動すら覚えるのではないでしょうか。                        
「はじめに」より
                                          本当の意味を知っていますか?
桜狩
夏越
新走
門火
寒卵
初荷
繭玉
水温む
花冷え
十六夜

著者紹介