万葉集〈新版〉

図説 地図とあらすじでわかる!万葉集〈新版〉

坂本勝(監修)

ISBN13桁978-4-413-04572-8
ISBN10桁4-413-04572-6
CコードC0221
判型新書判
ページ数224ページ
定価1350円(本体:1250円)
初版年月日2019年6月15日

内容紹介

天皇・貴族から農民、芸能者、防人の兵士など、幅広い階層による恋・自然・人生の哀歓、望郷の念といった様々なジャンルの歌が約4500首も収録された『万葉集』。1300年以上読み継がれてきたこれらの歌には、一体どんな思いが込められいていたのか…。古典文学としての『万葉集』を歴史的視点で捉えた画期的な一冊。「令和」の時代に呼んでおきたい!日本人のこころの原点にふれる本。カラー口絵付き。 
序章:万葉集を読む前に 
一章:万葉集とその時代 
二章:万葉集を彩る人々 
三章:万葉集の歌の数々

監修者紹介