水の都 東京の歴史散歩

江戸の「水路」でたどる!水の都 東京の歴史散歩

中江克己(著)

ISBN13桁978-4-413-04556-8
ISBN10桁4-413-04556-4
CコードC0221
判型新書判
ページ数208ページ
定価1112円(本体:1030円)
初版年月日2018年11月15日

内容紹介

徳川家康の開削によって川や運河、堀が築かれ、水上交通が物流の主役となって希有な発展を遂げた100万都市・江戸。庶民の飲料水をも支えた水路整備はいかにしてなされたのか。現在の東京に続く都市づくりの歴史を、ふんだんな地図と写真でたどります。

第一章 神田川と江戸城外濠
第二章 徳川家康が小名木川を開削した理由
第三章 消えた銀座・日本橋の豊かな水路
第四章 隅田川をめぐる江戸の暮らし
第五章 石神井川から滝野川、そして音無川へ
第六章 自然の川になった玉川上水
第七章 渋谷川と目黒川の源流は大名庭園

著者紹介