刀剣・兜で知る戦国武将40話

刀剣・兜で知る戦国武将40話

歴史の謎研究会(編)

ISBN13桁978-4-413-09683-6
ISBN10桁4-413-09683-5
CコードC0121
判型文庫判
ページ数288ページ
定価832円(本体:770円)
初版年月日2017年11月20日

内容紹介

武具に秘められた波乱のドラマに迫る!
刀剣、兜、陣羽織、茶器など、戦国時代の名品の数々とそれを所有した武将にまつわるドラマを収録。

・信長、秀吉、家康、三英傑に渡った名刀「不動国行」
・母里太兵衛と福島正則の名槍「日本号」をかけた呑み比べの勝敗は
・松永久秀が爆死の道連れにした茶釜「古天明平蜘蛛」の足跡
・謙信からの「塩」のお礼に信玄が贈った名刀「塩留めの太刀」の謎
・関ヶ原後、敗者の三成に黒田長政が着せた陣羽織の理由をたどる
……など。

真田幸村、石田三成、豊臣秀頼、伊達政宗、直江兼続、加藤清正……。彼らはどのような運命を辿ったのか。

現代に伝わる武将ゆかりの「モノ」が語る、教科書にない戦国史。

編者紹介