その「もの忘れ」はスマホ認知症だった

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教えるその「もの忘れ」はスマホ認知症だった

奥村歩(著)

ISBN13桁978-4-413-04516-2
ISBN10桁4-413-04516-5
CコードC0230
判型新書判
ページ数192ページ
定価950円(本体:880円)
初版年月日2017年7月15日

内容紹介

「人の名前が思い出せない」「うっかりミスが増えた」…それは、トシのせいではなく、たえずスマホをいじって過剰な情報を脳にインプットすることによって起こる脳の機能低下、「スマホ認知症」かもしれません。
いま40~50代に急増中!スマホですぐに検索、情報チェック、ナビに頼るといった習慣で、前頭葉を中心とした脳の「考える機能」を錆びつかせてしまう。
放っておくと、本物の認知症につながる脳の老化を進めるリスクが高くなる。そこで本書では、スマホ認知症にならないスマホの使い方、スマホで疲れた脳の休ませ方を脳科学的見地から解明していきます。

●1日5分「ぼんやりする時間」をもつと、脳のアイドリング機能(デフォルト・モード・ネットワーク)がよくなる
●「ながらスマホ」はやめて、脳のオーバーワークを防ぐ
●体を動かすなど脳のアウトプットを増やすと、脳のバランスがよくなる
●疑問や問題をスマホで解決せず、まずは「自分で考える」機会を増やして脳の前頭前野を活性化する
――疲れた脳を休ませる習慣で、みるみる症状は回復する!

著者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫あり

BIGtomorrow

毎月25日発売
2017年10月号No.448

最新刊2017年10月号

【総力特集】 つまらない仕事ががぜん面白くなる「働き方」改革
池上彰×佐藤優 つまらない仕事ががぜん面白くなる「働き方」改革
将来それ1本で食べていける「副収入」の作り方
小林弘幸監修 疲れが100%とれる休み方
皮ごと食べられる「奇跡のバナナ」―99%を不可能にした秘密に迫る
「いい質問」をする人の聞き方の法則
眠っていた脳が高速回転し始める「手書き」の習慣
仕事がデキる人はなぜ「大股歩き」なのか?
…ほか
  • 8月25日発売
  • 特別定価690円(本体639円)
  • 目次
  • バックナンバー
  • 年間購読について
  • 月刊「BIG tomorrow」電子版のご案内

BIGtomorrow増刊・別冊

2017年10月この3銘柄で年100万円稼ぐ!株の持ち方・組み合わせ方

最新刊ビッグ10月号増刊

この3銘柄で年100万円稼ぐ!
の持ち方・組み合わせ方
  • 目次
  • バックナンバー