病気にならない人は何を食べているのか

病気にならない人は何を食べているのか

森由香子(著)

ISBN13桁978-4-413-21078-2
ISBN10桁4-413-21078-6
CコードC0247
判型新書判
ページ数192ページ
定価1100円(本体:1000円)
初版年月日2017年2月1日

内容紹介

40代を境に「からだ」も「食の常識」も変わる!

老後の備えとして、お金はもちろん大切。
しかし、健康はもっと大切です。老後の思わぬ出費の第2位が「医療費」というデータもあります。

40代以降の人が、若い頃のままの食事を続けるのは、健康上無理がある。ある程度の年齢になってたら、老後を見据えて、食生活を見直してほしいと提言する著者による、
“食生活のリセット&リスタート”の提案です。


*「年だから肉はちょっとで…」は大間違いだった!
*糖質制限をしている人は、いずれ認知症になる!?
*中高年と牛乳の組み合わせが、悪玉コレステロールの上昇を招く
*豚肉好きより、牛肉好きの人のほうが、動脈硬化になりやすい?
*糖尿病予防に、大豆イソフラボンが効く!
*加齢による貧血予防には、鉄ではなくアノ栄養素
  …etc.

著者紹介