「すり減らない」働き方

「すり減らない」働き方なぜあの人は忙しくても楽しそうなのか

常見陽平(著)

ISBN13桁978-4-413-04394-6
ISBN10桁4-413-04394-4
CコードC0236
判型新書判
ページ数192ページ
定価885円(本体:819円)
初版年月日2013年4月15日
タグ:

内容紹介

「バリバリ働く」
いま、この言葉を聞いてどのように感じるでしょうか? 以前は決意、希望を感じたこの言葉に、違和感、いや嫌悪感すら感じないでしょうか?仕事に追われる日々の中で、いつしか、この「バリバリ働く」という言葉を聞いただけでも疲れてしまうようになります。
忙しすぎることが原因で、メンタルヘルスで倒れる人も増えています。たとえば東京都におけるメンタルヘルスの相談件数は2006年には807人だったものが、2010年においては3000人に迫る勢いで増えています。
気づけば、誰もが身も心もすり減る働き方をしているのです。
本書では、まず、私たちはどのくらい忙しいのか、昔と今では労働時間はどう変わってきたかをデータから読み解きます。そのうえで、忙しさとどうつき合えっていけばいいのか、心身をすり減らさない働き方のヒントについて考えていきます。

著者紹介