日本の「行事」と「食」のしきたり

日本の「行事」と「食」のしきたり

新谷尚紀(監修)

ISBN13桁978-4-413-04106-5
ISBN10桁4-413-04106-2
CコードC0239
判型新書判
ページ数192ページ
定価770円(本体:700円)
初版年月日2004年11月15日

内容紹介

正月に雑煮や屠蘇、節分に豆、月見に団子、祝いの席の鯛や赤飯…。年中行事や通過儀礼は食べ物と密接な関係があります。それはなぜでしょうか。どんな由来があるのでしょうか。本書では歴史をひもとき、現在の習俗に迫り、食と行事のしきたりについて考察します。そして、各地方に伝わる主な郷土料理の生い立ちや変遷について分析をこころみています。そこには伝統の成り立ちをみてとることができるのです。食べ物に祈りをささげる日本人の習俗を、いま考えてみませんか。

監修者紹介

オンライン書店からご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • HonyaClub
  • ヨドバシドットコム

書店にない場合は、直販をご利用ください。

直販在庫品切れ中